バイデン大統領就任---「オーディナリー・ジョー」を選んだアメリカ

アメリカでは、ごく普通の男性、凡人でありきたりの男性を指す言葉として「オーディナリー・ジョー」という呼び方がある。ビリオナーやミリオナ―ではないが、貧困に苦しんでもいない。カリスマ性など無い、だからと言って眉をひそめるような悪行を犯すような…

トランプを弾劾・罷免し、再選の道を閉ざせ

トランプの行なった事は何だと定義したら良いだろう。トランプが大統領でなければ「クーデター」と呼ばれた類いかもしれない。時期大統領バイデンの選出プロセスをとどめる為に彼が支持者らを嗾けた事は否定できない。ところがトランプ自身が米国政府を代表…

「選挙が盗まれた」という虚言と米国議事堂襲撃事件に至るまで

ドナルド・トランプとその支持者 「私が5番街の真ん中に立って誰かを撃っても、票を失なう事はない」 アイオア州の予備選を控えたドナルド・トランプが自身と支持者の強いつながりを豪語したのは、今から5年前の2016年1月だ。人通りの絶えないニューヨーク5…

トランプ大統領による『選挙への不正工作』と大衆への嘘

1月3日の日曜、ジョージア州職員によって、ドナルド・トランプ大統領とブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官の間で行なわれた前日の電話会談が公表された。この電話記録は、当初ワシントン・ポストの暴露として、問題の会話の一部分だけが公表されたが、…

『心の部屋』2

中学生や高校生というのは、小学生時代の無邪気な顔を見せながら、とても残酷になったりする。尤も、小学生の時代にも残酷さを見せる子供もいるのだから一概には言えないのだが、中学、高校の時代のいじめは、それ以前の年齢では見せられない、またそれ以降…

『心の部屋』

中学や高校時代の思い出というものは、その人の一生を温かな思いにする場合もある一方、大人になってからもその人を苦しく縛る場合がある。多くの場合、そうした苦しい思い出は、学生時代のごく一時期に起きた出来事であるにも関わらず、その時期の全てを象…

大統領選挙:証拠の無い陰謀論を流布する人々

11月3日の大統領選挙において、トランプ現大統領がバイデン元副大統領に敗北して一か月が経過した。自身の敗北を認めないトランプ大統領とその選挙陣営は、40を超す訴訟を激戦区の州に次々と起こしたが、ペンシルバニア州で起きた100票以下を争う(*)訴訟を…

一流メディアと『フェイク・ニュース』

政治について、私は右派とも左派とも議論を交わし、事実関係や理解において自分が誤っていたと考えた時には、随時誤りを認めてきた。左派の主張が正しいと思われた時にはそれを認め、その主張が誤っていると思われた時にはそれを批判してきた。右派について…

「日本は謝罪していない」という意識

昨日息子に「なぜ韓国の人は、北朝鮮人の事を嫌いな以上に、日本人が嫌いなの?」と聞かれた。 息子はアメリカで育ち、学んでおり、政治の話も、米国の政治についてしかしていない。日本については「日本語の読み書きができるように」と大学のクラスで日本語…

私はなぜトランプに投票したか

私と18歳の長男は、11月3日の投票日の数日前に、2020年の大統領選挙及び米国上院選挙に向けた選挙人登録を行ない、投票を済ませた。正式の投票日は11月3日であるが、投票は郵送でも出来る。郡のオフィスで選挙人登録をする際に、郵送での投票用紙を受け取り…

2020年大統領選挙 : 左派の広める陰謀論

2020年の大統領選挙において、陰謀説を垂れ流すのは、敗北を認められないトランプ氏とその支持者だけだと考えていたが、左派も負けじと陰謀説を流していたようだ。https://www.newsweekjapan.jp/amp/pakkun/2020/11/post-59.php?page=1 この記事を書いた「パ…

トランプ支持者による途方もない陰謀説

トランプ陣営が「民主党員による不正工作によって勝利を奪われた」と主張する2020年の選挙だが、トランプ陣営が裁判所に提出した訴えの内容は、「不正な投票があったかもしれない」という類いであって、トランプ氏に勝利をもたらした2016年の選挙や、それ以…

バイデン元副大統領の当選

2020年の大統領選挙において、民主党のジョー・ バイデン元副大統領が当選確実となり、これにより「次期大統領」 と呼ばれる事になった。これをもってイギリスやイスラエルなど同盟国の首相やジョージ・ブッシュ・ブッシュ元大統領、ミット・ロムニー上院議…

大統領選挙に不正が行われた証拠は無い

手短に、BBCの記事とあわせ、要点のみを書く。 トランプ大統領は5日、自身の再選を阻む目的で、選挙の不正行為が複数の州に渡って大規模に行われたと証拠を示すことなく発表した。証拠があるならば、法廷において宣誓をして発言すれば良い。それ以外の大文字…

黒人を縛り続ける左翼政治

ジョージ・フロイド氏が死亡したのは、心臓発作が原因なのか、警察による首への圧迫によって窒息死させられたのか、二種類の死亡鑑定の判断が確定していないうちに『ブラック・ライブズ・マター』や『アンティファ』の抗議デモが広がり、黒人への人種差別を…

ジョージ•フロイド氏殺害と、警察による人種差別の有無

ミネアポリス市警察官によってジョージ・ フロイド氏が殺害されたのは、5月25日の事だ。 彼が逮捕をされたきっかけは20ドルのニセ札を使ってタバコを購 入し、店員から20ドル札が偽物である旨を指摘され、 購入したタバコの返還を求められたが、 それを断り…

中国依存を強めるWHO/アフリカと、依存からの脱却を図るヨーロッパ

ヨーロッパで最も広く読まれているドイツの新聞、ビルトが、中国政府による意図的な証拠隠滅や嘘の主張を世界に流し、コロナウイルスの世界的流行を起こし、被害を拡大させたとして、中国政府に対し、260億ドルの観光産業が受けた打撃に対する損害賠償と540…

愚を極める、社会封鎖への反対デモ

4月19日、ミシガン州のグレッチェン・ウィッティメア知事は、自宅待機命令に反対するデモ参加者が6フィートのソーシャル・ディスタンスを開けていない事を挙げ、自宅待機命令を延長する可能性がある事を示唆した。全米各地で起きているロックダウン措置に反…

コロナウイルス対策を巡る、両サイドの極論

私は全米でコロナウイルス感染者数が第三番目に多いミシガン州に暮らしている。ミシガン州で初のコロナウイルス感染者が確認されたのは3月10日だ。数週間以内に国際旅行をしたデトロイトに近いオークランド郡の女性と、ウエイン郡に住む、国内旅行経験者の男…

最後に

虐待について、私は何の資料も目にしていない。ただ自分の経験の一部を書いただけである。これらは私の目線を通した記録であり、私の家族には別の目線があり得る事も認識している。目線の違いで言えば、母は生前、祖母に見捨てられたと感じながら育った一方…

それから

2014年11月、私は父に会おうと、実家近くの駅に向かっていた。父に会うのは10年ぶりだった。母が亡くなった翌年、私は夫と子供達3人を連れ、渡米していたからだ。 母が亡くなった直後、父は生前の母の写真数百枚を寝室一面に貼りつけたり、母に似せた観音像…

母の死

母に癌の転移をどうやって伝えようか、私たちは考えなければならなかった。母の双子の姉である貴子伯母も、舞ちゃんの母である叔母も、誤魔化したり嘘をつく事無く、医師の言葉をそのまま伝える方が良いと考えた。私もそのように父に提案した。父も異存は無…

基を産んで

生まれた子供は男の子だった。基(もとい)と名付けられた子供は、香とは違い、新生児でありながら、一日合計約8時間しか眠らず、あとは延々と泣き続けた。新生児の時の香は、起きていてもお腹が空いていたりおむつが濡れていなければ泣かなかったので、その静…

私の怒り

長女は香(仮名)と名付けられた。香は利発で、機嫌の良い子供だった。顔は夫に似ていたので、穏やかな、おひな様のような可愛らしさがあった。子猫のようなソプラノの声で笑ったり、泣いたりした。声を聞くだけで、いつか読んだサン・テグジュペリの『星の…

虐待に気付くまで

私が高校二、三年生の頃、母は更年期を迎えていたらしい。 そのせいで、という訳でもないのだが、 この頃の母の行動は常識を逸脱していたように感じる。一度、 ある考えが浮かぶと、それを制御したり、しばらく様子を見る、 という事が全く出来なくなった。 …

舞ちゃん

中学生二年生だった冬に、隣の白い洋館に住む叔母夫婦に、待望の赤ちゃんが生まれた。結婚後8年目にしてようやく生まれた女の子の赤ちゃんで、叔母夫婦は、それこそ目に入れても痛くない程、可愛がった。赤ちゃんは舞ちゃん(仮名)と名付けられた。 舞ちゃ…

チルチル、モコ、ミルク

ミチルがまだ生きていた頃、小学校からの帰り道、私は男の子数人が、段ボールを囲んでワイワイと騒いでいるのに出くわした。何をしているのだろうと、私は友達と覗いてみた。段ボールの中には小さな子犬が三匹いた。一匹は黒く光る短い毛の子犬で、もう一匹…

ミチル

私の家族には、上下関係、もっとハッキリと言えば、苛めのヒエラルキーのようなものがあり、母が頂点に存在する一方、私は常にその底辺にあった。母は普段、掃除などの家事を、月々いくらか支払って、祖父の養女である律子伯母に任せていた。律子伯母は、別…

祖父母について

虐待をする親というのは、若く、知識や、金銭的余裕の無い親だという先入観が、一般的にはあるかもしれない。もちろん、そうした例も多いだろうが、私の両親は会社を経営しており、金銭的にもかなりの余裕があった。そうは言っても決して『成金』ではなく、…

恐怖の日々

幼少の頃の私は、怖い事ばかりだった。私を怖がらせたのは、両親や大人に叱られる事ではなく、母親に見捨てられる事だった。幼少の頃のベッドタイム・ストーリーと言えば、夜、寝る前の読み聞かせだが、私の母はその時間、「十五夜お月さん」(作詞:野口雨情…