読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラク戦争の是非 (2) 「大量破壊兵器はあったか」

結論から言えば、大量破壊兵器は当然ありました。現在、イラクで勢力を広げるISISが、マスダード・ガスなどをクルド人勢力に対して使用している事も明らかになっています。

Exclusive: Samples confirm Islamic State used mustard gas in Iraq - diplomat | Reuters

 

f:id:HKennedy:20160218045841j:plain

 

2003年、16人のアメリカ諜報部員の主張に反して、ブッシュ大統領の派遣した大量破壊兵器発見のため派遣された調査団は、大量破壊兵器の発見には至りませんでした。

それは、イラクのジョージェ・サダ前イラク将軍が、米国議会議員に「2003年のイラク侵攻前の15カ月の間に、サダム・フセインは大量の大量破壊兵器をシリアに空輸、陸送していた」と語った通りであったのでしょう。

現国立諜報機関の長官であるジェームズ・クラッパーも、大量破壊兵器の存在を語っていました。それでも、ブッシュ大統領の派遣した調査団が大量破壊兵器を見つけられなかった為、ブッシュ大統領はまるで愚か者のように映りました。

 

ところが大量破壊兵器に発見について、2014年ニューヨーク・タイムズが、『The Secret Casualties Of Iraq's Abandoned Chemical Weapons (イラクの遺棄された化学兵器による隠された犠牲者)』と題した記事で「イラクにある大量破壊兵器の取り扱いの為、米軍に被害が出ていた」と報道しながら、大量破壊兵器の存在を認めました。

 

http://www.nytimes.com/interactive/2014/10/14/world/middleeast/us-casualties-of-iraq-chemical-weapons.html?_r=0

f:id:HKennedy:20160218051120j:plain

 

捜査に参加したイラク人とアメリカ人の係官の証言と情報公開法によって明らかにされた証拠書類によれば、アメリカ軍はおよそ5,000の化学ミサイル弾頭、航空爆弾などをイラク内に於いて発見しています。

 

しかしながら、米軍関係者には、彼らの発見に対して沈黙を守る事が指示されていました。彼らには実際、「何も特別なものは見つかってはいない」と言うように命令が出されていました。最近退役したジェロド・ランピエール陸軍少佐は、24,00もの神経ガス・ロケットがイラク共和党軍基地に埋められているのが発見された時に現場にいた人物ですが、二人の米軍関係者にやけどを負わせたマスタード・ガス爆弾の処理にも加わり、米兵の負傷を『存在しないものの為に負った存在しない負傷』と苦笑します。

  Iraq's WMD: The Shameless New York Times Moves the Goalposts - Larry Elder - Page full

「およそ10年、世論は真実を伝えられていませんでした。誰かが『イラクには大量破壊兵器など無かった』というのは痛快です。現実は、大量に残されていました。」

米兵の負傷や犠牲は『大量破壊兵器の発見』のニュースと同様、殆ど知られることはなく、"イラクの遺棄された化学兵器による、隠された犠牲者″という形でニューヨーク・タイムズによって報道されます。

 

 

f:id:HKennedy:20160218052014j:plain

 

ウィキ・リークスによれば、2003年の終わりには、ブッシュ政権は大量破壊兵器が存在しないかもしれないと思いはじめたようです。しかしながら、最近公開されたウィキ・リ―クスによれば、米軍はその後、化学兵器の工場を発見し、化学兵器作成に携わった専門家に会い、また隠された大量破壊兵器を発見し続けています。

イラクから大量破壊兵器は無くなってはいませんでした。

 

 

 

f:id:HKennedy:20160218053143j:plain

 

 

勿論、理屈からして、イラクに大量兵器が無かったとは考えられません。

 

2013年に、シリアのアサド政権が、サリン・ガスなどの化学兵器を使用して、およそ数千人の自国民を殺害しましたが、これはジョージェ・サダ前イラク将軍が証言したように、2003年のイラク戦争前、イラクからシリアに持ち込まれたものだと言われています。また現在も、イラクのISISがマスタード・ガスを使用してクルド人を大量虐殺している事が報告されています。

 

ISISが使用している化学兵器こそイラクに残っていたものであり、ブッシュ前大統領が「テロリストの手に大量破壊兵器が渡る事は避けなければならない」と主張されたイラク戦争の『道義』はこの危機にありました。

 

f:id:HKennedy:20160218053333j:plain

 

『既成事実』として、現在イラクに大量破壊兵器がある事は、多くの報道から読み取れました。

 

しかしながら、イラク戦争の『道義』とされた大量破壊兵器の『発見』そのものについて、ニューヨーク・タイムズがためらいがちに『イラクの遺棄された化学兵器による隠された犠牲者』という形で報道をし、その他のメディアがごく短期間に追従しただけで、世論を変えるほど大々的な報道は為されず、国民の中にも、世界的にも、あまり知られていません。

 

その為にブッシュ前大統領は未だに「嘘をついている」と侮辱をされているのですが、よくよく考えてみれば、米軍の早期撤退によって政府が正常に機能せず、ISISの台頭で治安が悪化し難民が増え続けているイラクに「大量破壊兵器がある」ことを示す詳細な報道をすれば、これらがいくつものテロリスト集団の手に渡る事は間違いがありません。

 

f:id:HKennedy:20160218053522j:plain

 

米国政府の沈黙は、そのためであると考えられます。