読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェームズ・コーミィFBI長官による「ヒラリー・クリントン元国務長官イーメル捜査終了」撤回

FBIのジェームス・コーミィ長官は金曜、ヒラリー・クリントンのトップ補佐官であるヒュマ・アベディンの夫であるアンソニー・ウィーナー元下院議員のコンピューターから新たに見つかったe-mailを基に、ヒラリー・クリントン元国務長官に対する捜査が終了したという前言を撤回し、その書面を議会に宛てて発表しました。日曜夜には日曜夜、e-mailを捜査する為の正式な捜査令状の取得をしています。

FBI Obtains Warrant for Newly Discovered Emails in Clinton Probe — as Reid Accuses Comey of Hatch Act Violation

但し、新たに発見されたというe-mailは、ヒラリー・クリントン元国務長官のe-mailサーバーからのものではなく、またクリントン元国務長官に宛てたものでもないと言われています。

 

f:id:HKennedy:20161031160613j:plain

 

コーミィ長官は、新たに発見されたe-mailの内容を把握しておらず、捜査は投票日までに終了しないとしていますが、内容がわからないe-mailによって、クリントン元国務長官に対する捜査の終了宣言撤回をFBIが行なう筈がないという常識的疑念が生じる一方、2016年にインディペンデントに変わるまで共和党員であったコーミィ長官によるヒラリー・クリントン大統領誕生に対する選挙妨害行為ではないかという憶測もあり、それぞれが自分の信じたい真実を信じているのが本当です。

 

コーミィ長官をはじめFBIとすれば、不正がありながらそれを公にしなければ、ヒラリー・クリントン元国務長官の選挙を支援していると見られ、大統領選挙投票日を目前とした、この期に及ぶ公表によってドナルド・トランプ氏の選挙擁護をしているとも批判されています。司法庁はコーミィ長官の行動を、「権威の乱用を行なった」「法律違反を行なった」と批判をしていますが、コーミィ長官を批判するにしても、FBIというシステムの自浄作用と見るにしても、この全容は投票日前には判明されず、有権者はそれぞれが既に決めた候補者に投票するだろうと言われています。