読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元妻が語る、ISISリーダー、アブ・バクル・アル・バグダディ

ISISのリーダーであるアブ・バクル・アル・バグダディの元妻が語った、彼との結婚生活に関する記事です。

 

nypost.com

彼女は世界で一番危険なテロリストと結婚していた、しかしながら、彼女の夫がISISのリーダーであった事には気づかなかったと言う。

 

アブ・バクル・アル・バグダディの元妻は、「テロリストの首領」をややぶっきらぼうではあるが、それ以外は『普通の家庭人』であると主張する。尤も、時々突然何日もいなくなることがあったが。

 

スウェーデンの新聞『エクスプレッセン』のインタビューによれば、サジャ・アル・ドゥライミは、彼女の元夫がヒシャム・モハマッドという名前の大学講師であると信じていたらしい。

 

「彼は、普通の家庭人でした。 どうして彼が世界で最も危険なテロ組織の首領となったのかは、わかりません。」

 

f:id:HKennedy:20160418144907j:plain

 

彼女は、彼女の最初の夫は、イラクの反乱軍との戦いで、小さな男の子2人を残して戦死したと言う。残された2人の小さな男の子を育てるため、彼女の叔父が、新しい夫、父として、紹介したのがアブ・バクル・アル・バグダディだ。彼女は結婚に承諾し、彼と彼女のもう一人の妻、子供たちと共にシリアに住んだ。

 

2009年に行われた結婚は数か月しか続かなかった。彼女は、アル・バグダディは命令をする以外はほとんど話をしなかったと言う。

 

「私は彼に対する愛情はありませんでした。彼は 不可解な人物で、議論や普通の会話が成り立たないのです。」また彼女は、「彼は何が欲しかったら、それを取ってくるように言いつけます。命令を下す、それだけでした」と付け加える。


振り返って、アル・ドゥライミが覚えているのは、最も不思議だったことはアル・バグダディが突然姿を消していたことだ。

2009年に彼女は彼の元を去り、2014年、偽の書類でレバノンに入国しようとして逮捕をされた。

 

「彼らは、私の元夫の写真を見せ、この男を知っているかと聞きました。どうやら私は、アブ・バクル・アル・バグダディと結婚をしていたようです。わかった時はとてもショックでした。7年経っていますが、私は世界で最も危険な男性と結婚をしていたのです。」