ベルギー・ブリュッセル同時多発テロ後、あと何人の無辜の犠牲者が『必要』か  (オバマ政権、グアンタナモ閉鎖政策)

オバマ大統領が掲げる、過激イスラム教の収監されているグアンタナモ収容所の閉鎖の政策は、パリで起きたテロ、トルコで起きたテロ、ベルギーで起きたテロの後も、変更されていません。

これが、現実よりも己の信念やイデオロギーを重視する政治の恐ろしさだと考えます。

 

この政策について、「あと何人の無辜の一般人犠牲者を出したら、『グアンタナモ収容所の閉鎖』、『テロリストの釈放』という、恐ろしい政策を改めるのか」 という趣旨で、3月23日、共和党デーナ・ローラバッカー下院議員が、下院外交委員会でオバマ政権のポール・ルイス担当官に質問をされています。
です。

 

www.youtube.com

----------

 

「質問しますが、30%の、釈放されたテロリスト、元の数が何であっても、30%のグアンタナモ収容所から釈放されたテロリストが、テロ活動に復活しているんですね。これらのテロ活動に復帰したテロリストによって、何人の人が殺害されたんですか?」 デーナ・ローラバッカー議員のもっともな質問です。

 

オバマ大統領によって、テロリストを収容しているグアンタナモ収容所を閉鎖するという政策が打ち立てられ、その政権下で、テロリストたちが何か国かの受入国に釈放されています。

その釈放されたテロリストたちによって、何人の無辜の命が失なわれたかという質問は、過激イスラム教徒によるテロが増え続ける今日、注視されるべき問題です。

下院委員会で行なわれたデーナ・ローラバッカー議員からの質問に、オバマ政権の担当者は、回答を避けます。

 

f:id:HKennedy:20160325072002j:plain

 

ルイス担当官:「それは、非公開を前提にお話しさせて頂きたい情報ですが…」

ローラバッカー議員:「非公開情報なんですか?」

ルイス担当官:「はい」

ローラバッカー議員:「10人以上ですか?」

ルイス担当官:「議員、私が申しあげられることは、不幸なことに、釈放されたテロリスト囚人によって、殺害されたアメリカ人がいるという事です。」

 

ローラバッカー議員:「何人のアメリカ人が、何人のブリュッセルの人々、パリの人々、無辜の市民が死ななければならないのですか? これ以上の被害を出さ ない為に、我々はこれらの囚人を釈放することを止めて、グアンタナモに収容したままにするという閾があるでしょう。その数は何人ですか?」

 

ルイス担当官:「議員、我々は誰の犠牲も望んでいません。囚人を移転、或いは釈放した為に、誰が規制になるべきでもありません。しかしながら、これはこの 政権と、オバマ第一期政権で考えられた最良の案であり、判断です。これはグアンタナモを閉鎖しない場合と、グアンタナモを閉鎖した場合のリスクとを比較 し、グアンタナモを閉鎖しない場合の方が(イスラム教徒からの反発によって頻発するテロの)リスクが大きいと判断をしたのです。」

 

  f:id:HKennedy:20160325071526j:plain

 

ローラバッカー議員:「すると、あなたが言っているのは、無辜の人々の犠牲も、この方程式の中に入っているという事ですね。 失礼ですが、私の考えによれ ば、もし一人の子供でも、これらの囚人をグアンタナモに収容されていることで、爆発に巻き込まれる事から守られるならば、90人でも、何人でも、グアンタナモに入れておくべきです。

 

この、世界中の人々がグアンタナモの為に怒っているという考えは、無辜の人々を殺害したテロリスト達を収監しているグアンタナモが、更なるテロリストをリ クルートしているという考えは…、私の考えでは、テロリストをリクルートしているのは、この政権、オバマ政権が『弱い』と見られている事です。

 

テロリストがリクルートされるのは、他のテロリストが刑務所に入れられているからではなく、我々が弱者のように移り、彼らの挑発に負けると見られているからです。

これは、胸が悪くなるほど不快な事です。これ以上の質問はありません。」