アメリカ地方都市と慰安婦像設置運動 (1)

2015年の終わりに、慰安婦問題に関する日韓の合意が結ばれた。アメリカのメディアはこれを肯定的に取りあげ、殆どは日本の外交の勝利とした。この問題が終止符を売ってくれる事は、極東の安全保障の為に有益であるという論調が殆どだった。


私もこの合意に賛成し、安倍首相の外交の成果、優先順位をつけた政治姿勢に感服したところだ。多くの日本人ナショナリスト達は、慰安婦に対する10億円の支援を自分の貯金からの支援のように憤っていたが、その金額に対して、アメリカではどのメディアも『微々たる金額』と書き、むしろこの合意を結んだ朴政権の維持を心配していた。

 

f:id:HKennedy:20160304181325j:plain

 

それはそうと、米国内に於いて慰安婦像や慰安婦碑が設置された事は、少しでもこの問題に興味を持つ方々ならご存知だと思う。自分の住んでいる街に日本を非難する慰安婦像や碑が建てられるという事は、殆どの在外日本人が期待していなかったことである。


なぜアメリカの地方都市に於いて、まるで今も行われている犯罪のように日本を非難する慰安婦像や碑が建てられたのだろう。


このような事から発し「これだからアメリカ人は…(駄目なんだ)」と言った意見が出てくるが、それは違うと思う。この問題は日本対アメリカ、日本対韓国と単純には纏められない。


あまり知られていない事だが、韓国以外に設置された慰安婦モニュメントの第一号は、実は沖縄にある。日本人と言っても右から左までいて、そういった像の設置運動に協力をする人たちは存在する。アメリカも同じなのだ。

 

                   f:id:HKennedy:20160304181705j:plain


アメリカでの慰安婦像設置は自治体が金の為だけにやっていると思われがちだが、そういう訳でもない。たとえば2014年8月に、ミシガン州サウスフィールド市の韓国人の所有する土地に、全米で第二番目の慰安婦像が設置されたが、その前に韓国人団体がまず候補地として挙げていたのは、同じく破産したデトロイト市だった。


但しこの計画は、在デトロイト日本領事館と地元の日経企業の反対の声を重視したデトロイト市によって拒絶をされた。破産した自治体が韓国人の運動のターゲットになっている事は確かなようだが、破産だけが慰安婦像や碑の設置の決め手とはなっていない。

 

    f:id:HKennedy:20160304182002j:plain


私は決して反米の意識を煽ろうとしてこれを書いているのではなく、むしろ逆である。


慰安婦像やその碑設置に関して、どの地方議員がそう言った運動に加担しているかなどを、何人かの代表的地方議員たちに焦点を当てることによって、アメリカを舞台とした反日運動の影の勢力を見極めたいと考えているのだ。

 

全米に於いて初めて慰安婦像が設置された都市は、カリフォルニア州グレンデール市なのはご存じの通りだ。慰安婦像が建てられるまで、この地方都市は日本人にとって決して馴染みの深いものではなかったと思う。


通常、グレンデールには、市長と市議員が合わせて5名おり、誰が市長になるかは、毎年市議の中から選出される。市長が市議より権限を持っている訳ではない。


慰安婦像設置計画の持ちあがった当時の市長はディブ・ウィーバー氏である。市議には。ローラ・フリードマン、アジャ・ナジャリアンがいた。東大阪市の市議がグレンデール氏を訪れて慰安婦像設置に異議を唱えた折に「南京大虐殺を知らないのか」と食ってかかったフランク・クィンテロは、任期を終えてもはや市議ではない。


グレンデール市に慰安婦像を設置する運動は、ロサンゼルス在住の韓国人のチャン・リーが、市議たちに近づき韓国旅行に招待をしたことから始まる。


内部関係者の話によれば、そうした接待を受けることを快く思わなかった当時の市長ディブ・ウィーバーは招待を断ったが、他の4人の市議たちは招待を受けたようだ。フランク・クィンテロなどは韓国旅行の接待を二度も受けたと言われている。


韓国でどのような接待を受けたかは想像するしかないが、市議たちが韓国から帰国するや否や、二人の韓国人元慰安婦たちが前触れもなくグレンデール市議会を訪問し、涙ながらに体験談を語り、ウィーバー市長を驚かせた。


元慰安婦たちの訪問の数週間後に、グレンデール市立図書館裏に慰安婦像を設置する計画がチャン・リーにより持ち掛けられた。その直後グレンデール市は市議たちの意見により、急きょ韓国の二つの市と姉妹都市関係を結ぶことを決定した。三つ目の姉妹都市関係を結ぶ計画が持ち上がった時に、ウィーバーによってその計画は強烈な反対に会い破棄された。

 

f:id:HKennedy:20160304183245j:plain


それだけでも奇異な話だが、アルファ=エルエー(世界抗日連合傘下のグループ)のウエブサイトとLAタイムズによれば、グレンデール市は公聴会で採決を取る以前に慰安婦像と碑を注文していたようだ。よほど設置案の可決を確信していたのだろう。


ウィーバー市長は最後まで慰安婦像設置に反対をした。市長は像を建てる場所を駐車場にしようと考えていたからだ。


その後、チャン・リーはグレンデール市の計画委員会の委員に就任をする。

Quintero selected to fill vacant Glendale City Council seat - tribunedigital-glendalenews-press

Glendale approves controversial 'comfort women' memorial